スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | Top |
【読書学】実践!仲谷式 億の馬券術@たまバス
評価:
---
ベストセラーズ
¥ 1,890
どこかでいいと聞いていたが、1890円も出して買おうと思わなかった本。
BOOKOFFで1000円で売ってたので買ってみました。

中身は自身の競馬人生と、作成したソフト「RATE BUSTER」の説明が主。

いいと聞いてたから期待してたのに、2章以降が全て、この「RATE BUSTER」の説明ばかりでなんか・・・って感じ。

1章の自身の競馬遍歴については、こういうのが好きだから読めたもののあまり役立つような事もなく。
全体と通して役立つというか、参考になったというか、まだマシかなぁと思ったのは、

・期待値の重要さ
・レースにおける各馬の補正方法


の2点くらいか。

期待値の重要さに関しては、あいにくここ最近自分で意識してるので確認程度だったが、分からない人にとってはだいぶ目からウロコの部分じゃないだろうか。

各馬の補正も自分のやり方があるので確認程度だったが、一応競馬で勝っている人の方法が見れたのは良かった。

まぁただ、あまり競馬が楽しくなさそうなやり方かなぁという感じで僕には合いませんした。

ただ、期待値主体でやっているので、
「このソフトを使えば勝てるんじゃないか?
ちょっと使ってみたいなぁ〜」

と、思ったのは事実。
こういう形もあるという事で、読んでみて、そこから幾つのエッセンスが取り込めるかで、この本が満足できるかどうか決まってきそう。


個人的には、読んで損はなかったけど、BOOKOFFでよかったという感じ。
| たまバス | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | Top |
【読書学】ラップギア―タイム理論の新革命@たまバス
評価:
岡村信将と「競馬最強の法則」取材班
ベストセラーズ
¥ 2,800
ラップが流行りだしている現在、なんと2chでは、ラップのスレだけが真面目に討論し、伸びているらしい・・・そんな世の中で、僕も様々な切り口から分析を試みるも、なかなかこれと言ったものが見つからない。

というのも、ラップを足したり引いたりするのがめんどくさくてたまらなかったのである。
計算自体は得意なものの、ちゃんと集中しないと間違う可能性があるし、ほんとめんどくさかった。
元々レースを見て、その馬の強さを判定してた僕にとって、これは苦痛でしかなく、こんな計算する暇あったらレース見てた方がいいんじゃないかとずーっと思っていた。

そんな事を考えていながらも、諦めの悪い僕は、簡単に出せるラップ理論を考えようと色々と考え、元々の考えに「武器」という概念があったので、そこからラスト3F前後が重要で、しかもラスト3Fは表記されているから、この辺から考えるのがベストだという結論になった。


残り4Fにしたり、3Fにしたり、全体タイムから上がり3Fを引いた数字で考えてみたり。
とにかく、「勝負所、どの位置からどれだけの脚が使えるか」で勝負は決まると思っていた僕は、位置取り指数の出し方と、ラップを使って、約一年試行錯誤していた。



そんな事をもんもんと考えていた去年の夏ごろ、「競馬最強の法則」にて連載が始まったのが「ラップギア」

僕が求めていたのはこれかもしれない。
簡単に算出できて、しかもわかりやすい。

やられたというより、「これかー」という感覚。
連載開始後すぐ、僕はファンになった。

いつか単行本が出るだろうと待ち続け、ようやく今年の1月下旬、この本が本屋に並んだ。
すぐに買いに行きたかったが、丁度忙しい時で本屋に向かう時間もなく、結局本屋に行けないもんだからネットで注文し、届いた日から即読み始めた・・・。




と、いうわけでラップギアです。

とにかく一言、「オススメ」です。


ここから色々カスタマイズできそうで、僕自身かなりワクワクしています。

内容は、

第一章   競馬に対するスタンス
第二章   なぜラップギアなのか
第三章四章 活用法
第五章   活用法〜上級編〜
第六章   競馬場分析

付録    現役馬の適性リスト
      JRAG1ラップギア攻略法



からなっていて、それぞれの章の間に著者のコラムが入っています。

個人的には、連載を読んでいてどういうものか知っていたので、三章〜五章までは軽くしか読んでいません。大半は編集部が書いたものだし、あまり面白くなかった。
それ以外は、著者自身が書いており、第一章からすぐに引き込まれる内容でした。
2着馬や3着馬を当てるために考えているのではなく、勝ち馬を予想しているのだ。

これ、最初の方に書いてるんですが、僕も前から言ってた事で、この一文を読んだだけで、僕には合うな〜というのを感じました。
そういう前提があるかないかで、競馬に対する考え方、捉え方が変わってしまうからです。
的中率と回収率が反比例するからこそ、どこにバランスを置くかが大事で、著者の場合は、的中率20〜30%で回収率120%を目標にしているらしい。

「当たりすぎると、長期的に見れば平均配当が下がっているという事になる〜」というくだりには、「なるほど」と思わず納得してしまいました。

去年単勝多点買いをしてたからこの辺りの事は体験しており、本命でも押さえでも結構1番人気を買っていたので、その時から回収率は的中すればするほど、下がりそうだなというのは感じていました。
だから、レースを厳選して買っていたんですが、厳選した上で1番人気を買っていたので、それだと回収率を伸ばせない。1番人気に投資する金額はどうしても多くなってしまうから・・・どうしようもなかったです。


そんな事から、今年は「1番人気を買わないする」と以前からブログでも言っているように、的中率が下がってもいいから、回収率を上げるように目標を定めました。
そして、妙味ある馬を狙っていくと。
結果、前開催では回顧でも言ってますが、15倍台1回、20倍台2回の単勝が当たり、修正してすぐの段階としては個人的に満足できる成績でした。


著者も文中で、
「1番人気を買わない」と決めるだけで長期的な回収率は5%以上上昇する。それは 〜中略〜 買わないという方が効果的」と言っており、10年間データを調べ続けた男の言葉だけにきっとそうなんだろうと思います。

前に書いた角居調教師の本の時のように、マーカー引いた所全部引用したいが、これをすると本買わなくてもいいくらいになっちゃうので、さすがにやめておきます。


最後に、
いくら自信があってもハズれるときはハズれるし、自信がなくても当たる時は当たる。結局、自分の中で定めた「自信」なんていうものは、「根拠を説明できないデータ」でしかないのだから。

要するに、なぜ競馬予想が難しいかといえば、「的中」と「正解」の因果関係が誰にもはっきり解き明かせないからなのだ。「的中しても不正解」の可能性もあれば、「正解でも不的中」といったケースもあるだろう。


この2つをわかった上で、競馬で生活しているというのなら、やっぱり誰でも競馬に勝てるようになると思うのは僕だけでしょうか。

6年前から僕の活動をずっと見てきてくださってる方、最近から見てくださっている方でも、僕の考えに納得してくださっている方、間違い無く満足してもらえる一冊だと思います。

レースを見てきた僕としては、この本から「勝負所の反応の判定」を学びました。
しっかり昇華させたいと思います。

| たまバス | 22:38 | comments(0) | trackbacks(3) | Top |
【読書学】挑戦!競馬革命@たまバス
評価:
角居 勝彦
宝島社
¥ 735
調教師になったきっかけから、去年64年振りに牝馬のダービー馬となったウオッカのダービー出走にまつわるエピソード、JC出走までを書いた角居勝彦 著「挑戦!競馬革命」

こういう現役の人が書いた本は、色々と馬券の上で参考になる事が多いが、角居調教師が書いたこの本も例外ではありませんでした。


全体を通して感じた事は、全て
「今までにない事をやりたい。」
この一言に尽きるのかなと。

僕と同じ新しいもの好きですきっと(笑)


競馬社会とは無縁の所から始まり、2005年には最多賞金獲得調教師のタイトルを獲得。関西で1、2を争う調教師にまでなったのは、既存の物事に捉われない考え方があったからでしょう。
そして、そこには松田調教師、森調教師、藤澤調教師の存在が大きかったのは言うまでもありません。


経営者として、お客様(馬主)に喜んでもらえるサービスを提供し、より良い競走馬を預けてもらう事は会社経営となんら変わりなく、個人的にも非常に参考になりました。

以下、参考になった部分を引用します。


ダービーの前だけ特別なことをすると、ただでさえ敏感な馬が「何かあるのかな?」と勘ぐってしまい、余計なストレスを与えかねません。
どうしてもそこまで気に掛けたいなら、ダービーの前だけでなく、普段も同じように接しなければいけません。



この世界で1000万条件の馬を担当していれば、年収も1000万円近くになります。
これはびっくりした。1000万条件馬で年収1000万て・・・。
意外と金持ちなんですかね??


藤澤先生の数ある言葉のうち、もっとも印象的なのは、「馬はできてくるから、作りすぎてはいけない」というものでした。

これは有名ですね。
中にも出てきますが、角居調教師もこの事は意識しているようです。


古馬になった彼は厩舎のリーダーとなってくれました。放牧から帰ってくると、掛かり癖も矯正され、歩くのが上手になていたのです。それを見たデルタブルースがきれいな歩きを覚えてくれ、ブルーイレヴンの後、リーダー格に育ってくれました。



今のウオッカは、オーナーや私を越えてファンの代表馬となります。挑戦しても期待に応えられない可能性が高くなった以上、撤退する有機も必要、と考えました。



世界に勝つことで「日本の馬が強い」と、世界中から日本の馬を買ってもらえるような時代が来たり、日本の競馬を海外に開放している昨今、高い遠征費を払ってまで賞金を稼ぎにくることは容易ではないと思わせなければなりません。日本のホースマンとして、日本の競馬を守るということは大事な仕事だと思います。



この進上金の分配も工夫してみました。通常、厩務員は5パーセントですが、それを3パーセントにして、残り2パーセントをみんなで分けるという方法です。
〜中略〜
「自分の担当馬以外はどうてもいい」という雰囲気にはならず、チームの士気を上げることができます。

こう言ってるという事はほかではあんまりやってないって事ですよね。
従業員の士気を高める努力は何においても大事なことですからね。


大久保龍志先生、平田修先生、藤岡健一先生。関東なら戸田博文先生、加藤征弘先生、堀宣行先生など、若い先生とは横のつながりがあります。

次世代を担う調教師ばかり。繋がってるのも納得でした。


ものを言わない馬だからこそ、「今、何を思っているのか」と五感で感じ取るということが非常に重要で、ホースマンの仕事もそこにあると思います。馬は人の気持ちがわかる動物なので、自分を理解してくれると、どんなにヤンチャな馬でも人になついていくし、一の言うことを聞こうとします。



「怒る」とは人間の勝手な感情の下、動物に接すること。対して「叱る」とは、悪さをしたことを自覚させるための行動だといわれます。馬も同じで、調教する人間が、怒るのではなく叱ることを理解していなければ、言うことを聞いてくれるわけがありません。

全くもってそのとおり。人以上に馬は感じるでしょうから、大変でしょうねぇ。。


馬のタイプによって騎手を考えることは少なからずあります。ずぶい馬で腕っ節の強い騎手がいいと思えば、地方競馬出身のアンカツさんや岩田騎手、熊沢重文騎手、川田将雅騎手。川田騎手は、フリーになってから手伝ってくれており、頑張ってほしい若手の一人です。神経質なタイプにはこぶしの柔らかい武騎手、四位騎手、福永騎手などです。牝馬には、あたりの柔らかい騎手にお願いします。

競馬ファンの考えと大体あってますね。
川田騎手には心情的にいい馬回そうとする事もあるかもしれません。


パドックでは人に注目するのも面白いと思います。馬券上手な方にいわく、腕ききと言われる厩務員さんをチェックしておき、その人の馬を買い続けるそうです。雑誌で有力馬と一緒に写っていることもありますので、試してみると面白いでしょう。

これは新発見でした。大変そうだけど、ちょっとだけ気にしてみようかなと。


馬の”縦”はわかっていても、”横”はほとんどわからずに答えています。いわゆる”横の比較”はファンの皆さんの方が上手だと思います。

だそうですよ、これ覚えておかないと。


私たち調教師は、月に20頭ほど愛馬を出走させますが、そのうち勝てるのは多くて2頭ほど。18回はご迷惑をお掛けしているわけですが、多くて18頭もの馬と騎手が1着を目指している以上、滅多にいい結果は生み出せません。

これも意外でした。月2頭くらいしか勝たないんですね。
たまに、「何週連続勝ち星」とか言われる事がありますけど、相当凄いことなんですね。
言われればわかりますけど、全然気づきませんでした。
これは馬券に活かせそう。


私が経験したことは、角居厩舎で3年間調教助手として働いてくれた吉田直弘君に継続されそうな勢いです。今年2月、彼は晴れて調教師免許を取得。6月から厩舎を開業し、10月28日現在、50頭を出走させて3勝をあげるなど頑張っています。

伏見Sで印つけましたが、ダメでした・・・。今年はまだ0勝です。



本はたくさん読むので、せっかくだから色々書いていこうかと思って始めました。
「読書して学ぶ」から「読書学」です。
こういう書評なんてガラじゃなく、書き方もよくわからないので、今日はとりあえず引用を多様してみました(笑)

こんなんじゃダメだけどね〜。


関連エントリ
京都11R伏見S
↓参考になったらポチっとお願いします^^
| たまバス | 23:17 | comments(0) | trackbacks(7) | Top |
    
Page: 1/1   
  

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ラジオ絶賛放送中

日本一当たる競馬ラジオ番組【うまジオ】

itunesにドラッグ&ドロップ!
itune等の受信できるやつに
ドラッグ&ドロップしてください。
更新取得できます。


オリジナル競馬TシャツSHOP

   

メルマガ購読・解除
 




種牡馬手帖完成
種牡馬手帖作りました。

新企画

若駒ナビ

Tシャツ販売中!!


その他にも色々あります。コチラから。

Search

Entry

Mobile

qrcode

Comment

Trackback

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives

Top