スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | Top |
Entry: main  << >>
【読書学】ラップギア―タイム理論の新革命@たまバス
評価:
岡村信将と「競馬最強の法則」取材班
ベストセラーズ
¥ 2,800
ラップが流行りだしている現在、なんと2chでは、ラップのスレだけが真面目に討論し、伸びているらしい・・・そんな世の中で、僕も様々な切り口から分析を試みるも、なかなかこれと言ったものが見つからない。

というのも、ラップを足したり引いたりするのがめんどくさくてたまらなかったのである。
計算自体は得意なものの、ちゃんと集中しないと間違う可能性があるし、ほんとめんどくさかった。
元々レースを見て、その馬の強さを判定してた僕にとって、これは苦痛でしかなく、こんな計算する暇あったらレース見てた方がいいんじゃないかとずーっと思っていた。

そんな事を考えていながらも、諦めの悪い僕は、簡単に出せるラップ理論を考えようと色々と考え、元々の考えに「武器」という概念があったので、そこからラスト3F前後が重要で、しかもラスト3Fは表記されているから、この辺から考えるのがベストだという結論になった。


残り4Fにしたり、3Fにしたり、全体タイムから上がり3Fを引いた数字で考えてみたり。
とにかく、「勝負所、どの位置からどれだけの脚が使えるか」で勝負は決まると思っていた僕は、位置取り指数の出し方と、ラップを使って、約一年試行錯誤していた。



そんな事をもんもんと考えていた去年の夏ごろ、「競馬最強の法則」にて連載が始まったのが「ラップギア」

僕が求めていたのはこれかもしれない。
簡単に算出できて、しかもわかりやすい。

やられたというより、「これかー」という感覚。
連載開始後すぐ、僕はファンになった。

いつか単行本が出るだろうと待ち続け、ようやく今年の1月下旬、この本が本屋に並んだ。
すぐに買いに行きたかったが、丁度忙しい時で本屋に向かう時間もなく、結局本屋に行けないもんだからネットで注文し、届いた日から即読み始めた・・・。




と、いうわけでラップギアです。

とにかく一言、「オススメ」です。


ここから色々カスタマイズできそうで、僕自身かなりワクワクしています。

内容は、

第一章   競馬に対するスタンス
第二章   なぜラップギアなのか
第三章四章 活用法
第五章   活用法〜上級編〜
第六章   競馬場分析

付録    現役馬の適性リスト
      JRAG1ラップギア攻略法



からなっていて、それぞれの章の間に著者のコラムが入っています。

個人的には、連載を読んでいてどういうものか知っていたので、三章〜五章までは軽くしか読んでいません。大半は編集部が書いたものだし、あまり面白くなかった。
それ以外は、著者自身が書いており、第一章からすぐに引き込まれる内容でした。
2着馬や3着馬を当てるために考えているのではなく、勝ち馬を予想しているのだ。

これ、最初の方に書いてるんですが、僕も前から言ってた事で、この一文を読んだだけで、僕には合うな〜というのを感じました。
そういう前提があるかないかで、競馬に対する考え方、捉え方が変わってしまうからです。
的中率と回収率が反比例するからこそ、どこにバランスを置くかが大事で、著者の場合は、的中率20〜30%で回収率120%を目標にしているらしい。

「当たりすぎると、長期的に見れば平均配当が下がっているという事になる〜」というくだりには、「なるほど」と思わず納得してしまいました。

去年単勝多点買いをしてたからこの辺りの事は体験しており、本命でも押さえでも結構1番人気を買っていたので、その時から回収率は的中すればするほど、下がりそうだなというのは感じていました。
だから、レースを厳選して買っていたんですが、厳選した上で1番人気を買っていたので、それだと回収率を伸ばせない。1番人気に投資する金額はどうしても多くなってしまうから・・・どうしようもなかったです。


そんな事から、今年は「1番人気を買わないする」と以前からブログでも言っているように、的中率が下がってもいいから、回収率を上げるように目標を定めました。
そして、妙味ある馬を狙っていくと。
結果、前開催では回顧でも言ってますが、15倍台1回、20倍台2回の単勝が当たり、修正してすぐの段階としては個人的に満足できる成績でした。


著者も文中で、
「1番人気を買わない」と決めるだけで長期的な回収率は5%以上上昇する。それは 〜中略〜 買わないという方が効果的」と言っており、10年間データを調べ続けた男の言葉だけにきっとそうなんだろうと思います。

前に書いた角居調教師の本の時のように、マーカー引いた所全部引用したいが、これをすると本買わなくてもいいくらいになっちゃうので、さすがにやめておきます。


最後に、
いくら自信があってもハズれるときはハズれるし、自信がなくても当たる時は当たる。結局、自分の中で定めた「自信」なんていうものは、「根拠を説明できないデータ」でしかないのだから。

要するに、なぜ競馬予想が難しいかといえば、「的中」と「正解」の因果関係が誰にもはっきり解き明かせないからなのだ。「的中しても不正解」の可能性もあれば、「正解でも不的中」といったケースもあるだろう。


この2つをわかった上で、競馬で生活しているというのなら、やっぱり誰でも競馬に勝てるようになると思うのは僕だけでしょうか。

6年前から僕の活動をずっと見てきてくださってる方、最近から見てくださっている方でも、僕の考えに納得してくださっている方、間違い無く満足してもらえる一冊だと思います。

レースを見てきた僕としては、この本から「勝負所の反応の判定」を学びました。
しっかり昇華させたいと思います。

| たまバス | 22:38 | comments(0) | trackbacks(3) | Top |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:38 | - | - | Top |
Comment








Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2008/04/06 4:01 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2008/04/07 6:23 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2008/04/08 5:35 PM

    
  

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ラジオ絶賛放送中

日本一当たる競馬ラジオ番組【うまジオ】

itunesにドラッグ&ドロップ!
itune等の受信できるやつに
ドラッグ&ドロップしてください。
更新取得できます。


オリジナル競馬TシャツSHOP

   

メルマガ購読・解除
 




種牡馬手帖完成
種牡馬手帖作りました。

新企画

若駒ナビ

Tシャツ販売中!!


その他にも色々あります。コチラから。

Search

Entry

Mobile

qrcode

Comment

Trackback

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives

Top