スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | Top |
Entry: main  << >>
小倉大賞典展望@ぶぎー
近5年で3番人気に支持され、4着以下に人気を裏切った馬は以下の7頭。

03年
チアズシュタルク
イエローボイス
04年
アサカディフィート
エイシンチャンプ
05年
マヤノシャドー
06年
ツルマルヨカニセ
07年
マルカシェンク

京都金杯からの出走が2頭いる以外にローテ的な共通点は少なく、日経新春杯やAJCCと違って1600万下条件からの出走が単純に有利にはならないということ以外に特筆すべき点はない。



次に、4番人気以下から3着以内に好走した馬は以下の7頭。

03年
マイネルブラウ
ゼンノショウグン
04年
オースミコスモ
トレジャー
05年
セフティーエンペラ
06年
メジロマイヤー
07年
アサカディフィート

ニューイヤーSからの出走が3頭いる他、1600mからの出走がニューイヤーSからの出走を含めて計5頭。

残りの2頭は2000mからの出走だったが、セフティーエンペラの鳴尾記念は雨降り馬場で、アサカディフィートの中山金杯は重馬場。

これをリンクさせることで小倉大賞典の傾向が浮かび上がってくる。

人気を裏切った馬は7頭中4頭が2000m以上で、1600m以下からの出走だった残りの3頭は京都のレース。

小倉大賞典は冬のローカル小回りで芝も荒れてタフなレースになりやすいため、緩いレースになりやすい中〜長距離のレースや京都のレースからの出走ではパフォーマンスを下げやすいのだと推測される。

また、人気薄で好走した馬の当時の主な実績に目を向けてみると、03年マイネルブラウはローカル1800〜2000m重賞を3連対、04年オースミコスモは阪神牝馬S2着、トレジャーは重の都大路S勝ち、05年セフティーエンペラは福島記念勝ち、07年アサカディフィートは中山金杯勝ちと、それぞれ小回りコース、重馬場といったタフなレースでの実績が目を引く。

中〜長距離のレースや京都のレースをステップに出走してきた馬を軽視し、過去にタフなレースを好走した実績馬の巻き返しを狙うレース、それが小倉大賞典なのだろう。
| ぶぎー | 00:06 | comments(0) | trackbacks(2) | Top |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:06 | - | - | Top |
Comment








Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2008/05/17 9:47 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2008/09/02 11:48 AM

    
  

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ラジオ絶賛放送中

日本一当たる競馬ラジオ番組【うまジオ】

itunesにドラッグ&ドロップ!
itune等の受信できるやつに
ドラッグ&ドロップしてください。
更新取得できます。


オリジナル競馬TシャツSHOP

   

メルマガ購読・解除
 




種牡馬手帖完成
種牡馬手帖作りました。

新企画

若駒ナビ

Tシャツ販売中!!


その他にも色々あります。コチラから。

Search

Entry

Mobile

qrcode

Comment

Trackback

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives

Top