スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | Top |
【コラム】皐月賞観戦記




昨日は皐月賞を観戦しに、中山競馬場へ行ってきました。
色々と家の事情があり、3時間ほどしかおれず、祝勝会にも行けずに残念でしたが、今年も見れて良かったーと思った一日でした。

中山競馬場についたのは13時半頃、朝から場所を取ってくれていたスカイポットさんに連絡し、到着。
馬流天星のスカイポットさんと『勝ち組の勝利指針』の川島さんがいらっしゃいました。

毎年ながらのいい場所で、スカイポットさんいつもありがとうございますm(_ _)m

当日の馬場の話や他のレースの話、過去の皐月賞を振り返ったり、前走と調教後と今回の馬体重を見比べたりと、去年もこんなんだったなぁとレース時間が近づくに連れてワクワクドキドキ。

なんで当日になると、「この馬来るかも」「こっち買っとこっかなぁ」とか邪念が出てくるんでしょうね。

何を求めてるのか、欲なのか恐れなのかわかりませんけど、面白いです(笑)


その後、『半熟卵の冒険』のgachalingoさん、Classic Reportのりゅうさんが来られ、最後にガラスの競馬場の治郎丸さんが来て、6人で観戦しました。


10Rで岩田騎手が落馬し、「乗り替わりになったら、誰だ?」「ヨシトミか?」「丸田か?」「丸田だったら買う(笑)」みたいな話が繰り広げられ(笑)、やっぱり競馬ってこうやって楽しむもんだなぁとか思いながら、レース時間は刻一刻と近づきます。


幸い、乗り替わりは無く、一安心。

目が悪いので、カメラ越しにターフビジョンに映ってるパドックを見る。
ヴィクトワールピサは問題なし、よしもう大丈夫。



という事で、上位3頭の返し馬の様子を。

ヴィクトワールピサ

ヒルノダムール

エイシンフラッシュ

どれも一番かっこよく映ってるのにしました(笑)

ヴィクトワールピサは返し馬頭あげて口が曲がってたのでブサイクでしたねぇ~。

返し馬で一番良かったのはエイシンフラッシュでした。行きたがる事なく、人馬一体でスムーズにスーっと走ってる姿はカッコいいの一言。川島さんが「エイシンフラッシュの返し馬良かった」と言われててやっぱり!と思いました。




いつも思うんですけど、レース前ってみんなすごい喋ってるんですよね。松岡騎手と蛯名騎手が楽しそうにお喋りしてましたよ。



いよいよスタート、この時僕はカメラマンと化していて、いかにいい写真撮るかで頭いっぱいです。誰が出遅れたとか好スタートとか、全部カメラ越し。
いっつもこれってどうなんだろう・・・って思うんですけど、せっかくなので撮りたいんですよねぇ~。





この後姿撮るのもなんか好きで。ターフビジョンとあわせてレーブドリアンが遅れてるのが見て取れます(笑)
ここから3コーナーまではいち競馬ファンでいられます。ターフビジョンが小さいので見にくいんですが必死にヴィクトワールピサがどんなもんか注目。




3角過ぎからまたカメラマン。
4角から直線入る所が一番のシャッターチャンスですね♪
横向いてる騎手もいれば、馬と一緒に歯食いしばってる騎手がいたり、まだ持ったままの騎手がいたり、連続写真で見ると色々見える事があるなと写真を撮り始めてわかりました。

結果、弥生賞と同じようなレースでヴィクトワールピサが圧勝。

スタート後、後方になったときは大丈夫かと思い、向こう正面で平均のひと固まりになった時は抜けて来れるのかと心配になり、3角辺りでスローだと動いていくから内でゴチャつくことは無さそうかなと安心したり、気持ちがあっちいったりこっちいったりで大変でした(笑)

個人的にヴィクトワールピサ圧勝だと思っていたので、複勝もつかないし、単勝馬券握りしめてました。
押さえでエイシンフラッシュとネオヴァンドームとエイシンアポロンのワイド。

相変わらず地味に的中率重視で頑張ってます。

今年の皐月賞、第70回だったんですね。
ファンファーレがなって、実況の人が言ってるのを聞いて知りました。

その時にポットさんとした会話が凄い心に残りました。


たまバス「今年70回なんですね、100回まであと30年、30年後もここでこうやって観たいなぁ」
スカイポット「見れるかな~(笑)見れるか、見れるといいですねぇ」
(みたいな感じ)

治郎丸さんの「あなたと競馬が100年続きますように」というフレーズを思い出しながら、30年後の皐月賞、一体どんな馬たちが出てくるのか今から楽しみだなぁと思った今年の皐月賞でした。

みなさん、その後の飲み会はいかがだったんでしょか?
行きたかったっす(泣

当日ご一緒してくださったみなさん、ありがとうございました!!


今年の皐月賞に何を思ってたかは、長くなったので次のコラムで書きます。

| たまバス | 12:35 | comments(22) | trackbacks(1) | Top |
今年の3歳世代について雑感。
年が明けて、今年もクラシックが近づいてきました。
今年の3歳世代について少し書いておこうと思います。

6月から始まった2歳戦、この世代はかなり世代レベルが低い年でした。
1世代前の現4歳世代が古馬との混合戦で結構勝ち上がってる事から、去年のレベルは随分高かったんだなと思います。

思えば、7月にいきなりロジユニヴァースが出てきて、こんな馬いきなり出てくるんかとビックリしたし、セイウンワンダーも6月、他にも楽しみな馬が9月までにたくさん出てきていました。

それに比べると今年の世代は全然いい馬が出てきませんでした。
秋以降、10月くらいからようやく例年のクラシック並の馬がポツポツ出てきたかなと見ています。

阪神JFはアパパネ、朝日杯FSはローズキングダム、ラジオNIKKEI杯はヴィクトワールピサが勝ちましたが、主役で迎えるクラシックも、まだ万全というわけじゃありません。

人気確実のあの馬なんかは現時点では難しいんじゃないかと思ってますし、
今年はもしかしたら・・・という荒れる気配も感じます。

この世代での比較では、力のある馬がしっかり勝ち上がってるので、人気になる馬が世代上位になりやすく、妙味ある隠れ実力馬が少ないのが現状。
そういった意味では堅い可能性もありますが、そんな簡単にいくほど上位馬が信頼出来るわけじゃないので、少しでも荒れてくれると面白いんですけどね・・・。

今から楽しみです^^

毎週の若駒戦は、若駒分析ナビゲーションでどんどん書いてますので、ぜひご活用ください!


| たまバス | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | Top |
走法分析が見えてきた。
今年の1月に種牡馬手帖を出して、それまであやふやだった走り方のカテゴライズを色々考えながらやってきたんですが、最近ようやく感覚と実際の所が繋がりつつあるのを感じてます。

これまではレースを見て、「この走り方は強くなりそう」っていうのをただ感じて、自信満々では買えないけど当たる事は当たるみたいな状態でした。

一度作った事で、何がおかしいのか、どこが変なのか、考える事ができるようになり、最近は非常に好調です。
スカイポットさんも走法に興味を持たれ、走法分析に力を入れ始めてる事から、違う人の意見も聞けるようになった事で、自分の中で加速してまとまりつつあります。

来年の1月〜2月に新種牡馬手帖を作成予定で、なんとかコンパクトにうまくまとめられたらなと思ってます。

そんな走法分析で、先週大ヒットが出ました。
白菊賞とベゴニア賞です。

まずは白菊賞。

このレース波乱の立役者は11番人気2着だったワイルドラズベリーです。
同馬は新馬戦見た時からいい走りで注目馬として取り上げました。
ワイルドラズベリーは、かなりいい走りで、休み明けですが新馬戦から走れてますし、人気もしないと思うので買いたいです。
わかる人にはわかると思うんですが、かなり自分の中では言い切った方です(笑)
勝ったアグネスワルツは、指数がTOPで前走は評価しづらい内容だったので、指数なりにという評価でした。
アグネスワルツは前走前残りだったので評価しづらく、指数がTOPなのでそれなりの評価。
3着のグリューネワルトは走り方は現状良くないので評価してないんですが、このメンバーだと指数3位、地力上位で入れるかもという評価でした。
グリューネワルトは走り方は特にいいわけじゃないので、あまり買いたいと思わない。指数上位なので残る可能性はあるかなという位。
4着だったタガノガルーダは10番人気、こちらは指数4位で個人的に評価してただけにこの馬が3着なら更にスゴイ事になってたので惜しかったです。。
タガノガルーダは次走の走りで判断したいと書いてたので、ここでどんな走りができるか。バランスのいい走りをしているので京都は問題ないと思います。このメンバーなら勝ってもおかしくない感じ。
これで3連単27万ですからね、ビックリしました。


次はベゴニア賞。

勝ったキングレオポルドの評価
キングレオポルドは新馬戦は折り合い良かったが前走が道中行きたがって最後止まる形。コース2走目なので慣れればいいが。前走は差し決着の流れを前から 行って最先着でした。フジキセキ産駒としていい走り方してるのでここでも楽しみです。2番人気か・・・もうちょっと落ちてくれるといいんですが。

2着ヒシカツジェームスの評価
ヒシカツジェームスはここでどれだけ走れるかがポイント。
前走は超スローを出負けしつつも好位から進めて直線上がり勝負を差しきりました。運動神経良さそうで、ここでも通用する可能性は十分あります。楽しみ。

結論としてはこんな感じでした。
位置取りとか人気を気にしなかったらセイウンジャガーズが1番買いたいですが人気なのでダメですね。全体的に見ると、キングレオポルドかヒシカツジェームス。人気ない所ならタニノエポレットですかね、現状15倍ついてるので妙味はあると思います。
という事で、キングレオポルドからヒシカツジェームスが本線だったんですが、これで馬単が70倍。
セイウンジャガーズがやたらと抜けた人気でしたが、確かに新馬戦時からいい走りで前走を見ても東京でもしっかり差してこれるので良かったんですが、差して届かない競馬が多くなりそうで、妙味を踏まえて考えるとキングレオポルドを上位で買うべきタイミングですよね。

馬の能力把握と、馬券の買い方は別もので、どれだけ予想が上手くても買い方間違えたら当たりません。
加えて、オッズによっては購入をやめたりする我慢も非常に重要です。
買いたい馬が人気なら、他の馬から買うか金額を落とすか買うのをやめるか。

やるからには勝たないと楽しめませんから、勝つ為にやるべき事を身に付けてもらいたいと考えています。

僕が提案しているのは、レースを見ましょうっていう事です。
レースを見て予想してる人は少ないからそれだけで他の人より優位に立てます。
その為の一歩として無理矢理競馬新聞を見るのをやめてみる。
それでレーシングビュアーを見る。

ちなみに、京都2歳Sもヴィクトワールピサはまぁ普通なんですが、メイショウホンマルは評価していて、この馬単15倍もおいしかったです。

もうすぐ2歳G1です。
今年は去年と違い世代レベルが低いんですが、その中でもぽつぽつと出てきた馬がそれぞれ個性的でようやく楽しみになってきました。

走り方分析と、指数が見れる若駒ナビ、ぜひ一緒に勉強してみませんか?
馬の見方やレースの見方、評価の部分など、2歳戦のレースを見ています。


| たまバス | 17:16 | comments(2) | trackbacks(0) | Top |
ご無沙汰しております。
たまバスです。

色々事件がありまして、解決するのにまだまだ時間がかかりそうで頭が痛いんですが、こちらのブログに復活していこうと思います。

とりあえずまた以前のように朝のニュースを書き始めます。

よろしくお願いします。

| たまバス | 17:54 | comments(2) | trackbacks(0) | Top |
3/24・先週の蹄王学

先週は、土曜日のフラワーCと日曜日のスプリングSを展望しました。

スプリングSは想定がまるで逆のスローになったので、レッドスパーダに残られてしまいましたが、スローなら来ても不思議はないので納得、特にズレはありません。
サイオンが人気してたら良かったんですが9番人気でしたね。張り切って消したんですけどインパクトにかけます。
ダートを走ってる馬が芝を走れるかどうかもちょっとずつわかってきました。

フラワーCはA評価の2頭がどちらも圏内に入り、B評価の11番人気のヴィーヴァヴォドカが逃げ切り、穴馬で一番面白いと思ってたナリタシリカも番手から進めて10番人気で4着と、ナリタシリカが走った事の方が嬉しかったりします。 

あとは、ショウサンウルルがスピード不足と評価して、4角でもうついて行けなかったのとかも個人的に良かったです。 

ヴィーヴァヴォドカ、コメントだけだととても買えないですが、これがポイントです。だからこそここで買えるという所でB評価でした。

1着ヴィーヴァヴォドカ(ダンスインザダーク)B
掻き込み型ストライドで脚が拡がってなく硬いイメージ。その分推進力より地力で走るので、坂も対応できるが、それだけ。牝馬でこういう走りをする馬はよく出てくるが、上がりの脚か回転力がないと強くなれない。

2着ディアジーナ(メジロマックイーン)A
振り出し型のストライドで、スタート良く好位から競馬ができるのが強み。
上がり勝負よりは、スピードを活かしての持続力勝負向きで、中山実績もあるし、特に問題はない。
折り合い等も問題ないので、距離も大丈夫でしょう。消す理由はありません。
というか、ほとどんが1勝馬なんですね。ここ使う意味がよくわかりませんでいたが、どうやら桜花賞ではなくオークス一本で行くみたいで。ここ使ってフローラS辺りステップでオークス行くんですかね。
大外枠引いてきましたね。他から狙う妙味が出てきたというところでしょうか。  

3着マジックシアター(ネオユニヴァース)A
掻き込み型ストライドで、ネオユニ産駒らしく、追い出してからの反応もいい。
アプレザンレーヴが勝った東京2000m戦では、直線追えない所があり、最後追ってから伸びていたのも含めて、そこそこ走れそう。
勝てていないのは気性に難があるからで、行きたがる場面が非常に多く、コーナーの多い中山の方がいいでしょう。ある程度先行もできるし、今の中山は上がりも適度に掛かるので、ここは狙い目でしょうね。近走負け続けているから人気もそこまでしなさそう。内枠もいいです。

4着ナリタシリカ(コマンダーインチーフ)B
掻き込み型のピッチ走法で、小脚を使って走る。ドリームジャーニーみたいな感じ。なので、長い直線よりは短い方が良く、ちょっと非力かもしれないが坂も問題ないので先行できれば面白そう。枠はギリギリですね、微妙なところ。

ショウサンウルル(Grand Slam)
掻き込み型の走りで、ダートが合いそうな走り方。
前に行けてたけど、芝だとスピード不足の感じ。



種牡馬手帖を見てすぐ理解はできないと思います。

かなり変わったというか、新しい見方をしていますので、
レースを見ていない人にはとっつきにくいかもしれません。

ですが、展望の段階では、極力種牡馬手帖に沿った形で表現するようにしており、
ここ3週で走った穴馬たちの好走要因は全て説明できます。


ロジユニヴァースに関しても、本番どうなるかわかりませんが、
新馬戦を見た段階で、「順調に行けば三冠」と言ってました。
今の所ダービーに隙はありそうですが、可能性は無きにしもあらずといった所。
皐月賞、ダービーと人気で迎える事は必至ですから、
新馬戦時の評価も間違っていなかったと思います。


この未来を読む力、早くから手にして身に付けてみませんか?
早ければ早いほど身に付くのは早まります。


種牡馬手帖は、400部限定小冊子。


残り約240冊、これだけの購入も可能ですし、
若駒ナビとのキャンペーンも行っています。

ご購入頂いた方には、その後の最新情報等もお届けしています。




| たまバス | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | Top |
    
Page: 2/13  << >>
  

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ラジオ絶賛放送中

日本一当たる競馬ラジオ番組【うまジオ】

itunesにドラッグ&ドロップ!
itune等の受信できるやつに
ドラッグ&ドロップしてください。
更新取得できます。


オリジナル競馬TシャツSHOP

   

メルマガ購読・解除
 




種牡馬手帖完成
種牡馬手帖作りました。

新企画

若駒ナビ

Tシャツ販売中!!


その他にも色々あります。コチラから。

Search

Entry

Mobile

qrcode

Comment

Trackback

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives

Top